• 仲間ひとりひとりが人間としてしあわせを追求できる社会をめざして

5月25日(土)、「アイアイハウス30周年のつどい」に仲間・家族・職員・関係者等約100余人がつどいました。

佐々木理事長の挨拶を皮切りに、家族会の徳田会長より祝辞をいただき、続いて30周年記念誌の紹介、スライドを交えての30年のあゆみを振り返りました。そして、締めくくりには、支える会の岸会長より祝辞をいただきました。

次は、いよいよメイン企画の仲間の皆さんへの記念品の贈呈です。仲間一人一人への心のこもったメッセージが読み上げられ、記念品とメダルが贈られました。そして、仲間と家族が向かい合ってAKB48の『365日の紙飛行機』を大合唱し、歌い終わったところで仲間が紙飛行機を一斉?に飛ばし、キャッチできましたでしょうか…。

最後に記念写真を撮ってつどいを無事終えることができました。

このつどいを通じて、30年のあゆみを振り返り、おぼろげながら未来に向かっての方向が確かめ合えたように思います。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

佐々木理事長挨拶
徳田会長ご挨拶

 

 

 

 

 

30周年記念冊子紹介(福原施設長)
あゆみスライドを解説(粟津総合施設長)

 

 

 

 

 

支える会会長 岸先生のご挨拶
記念品のプレゼントに大喜び

 

 

 

 

 

うれしいメッセージとプレゼント

 

 

 

 

 

会場の様子
記念写真。ちょっとヨコから

 

 

 

 

 

ハイ、記念写真